« ログイン? | Main | ツアー終了 »

May 27, 2005

ピアノ

  ツアーめぐり後半戦が終了。あとは東京の2ステージとなった。といっても高知では6月も毎週「あさきゆめみし」2ステージだからまだまだ帯はほどけない。
 大阪のピアノはやっぱり良かった。私は音のことにとんとうといから、自分が好きな音はこれ!という提示がなかなかできず、何曲か弾いてみて問題なければ大体オッケイなのだが、その中でも弾いていてどんどんピアノの内部に引っ張られてゆくような気持ちの良い感覚になる楽器がある。その一つがバナナホールのピアノだ。もう一つはいつもレコーディングをするスタジオのベーゼン。歌小屋のピアノはもう私の一部のようなもの。
 私は全然職人肌ではない。機械にうといしめんどくさい。でも技を持つ職人さんのお話を聞いたり見たりするのは大好きだ。そのお金儲けとかけ離れたところにある情熱には自分の音楽に対する情熱と近いものを感じる。最近母が買ってきてくれた「スタンウェイ戦争」という本を読んでいる。面白い。コンサートチューナー(アーティストのコンサートやレコーディングでピアノを整備する調律師)さんのノンフィクションのお話である。ピアノやクラッシックのことを専門的に知らない私でも読みやすい文章でそそる。もうひとつピアノの本で好きなのは「パリ左岸のピアノ工房」。これは歌小屋のピアノ弾きの女性の勧めで読んだ初めてのピアノの本。夢中になって読んだ。楽器という生ものとそれと付き合う技術者とピアノが大好きな男の人の話。これもノンフィクション。
 クラッシックもジャズも一曲も弾けないけど、自分なりにピアノと対話して私は歌う。どこへいっても初めてのピアノに最初に触れる瞬間というのはドキドキとワクワクの気分だ。いい楽器であることにこしたことはないけれど、たとえボロボロの楽器でも最高のライヴができるような私になりたいな。

May 27, 2005 in ウェブログ・ココログ関連 |

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/95986/4295803

Listed below are links to weblogs that reference ピアノ:

Comments

 ツアーめぐりお疲れ様です!!慣れない移動で体調は大丈夫でしょうか?
大阪、名古屋の余韻がまだ醒めませんね。このまま、最終東京を向かえそうです。
 私的には、ピアノと絢さんの歌声があれば
それだけで充分O.K!って感じですけど・・・。
少々ミスタッチでもへっちゃらぽい!って感じでしょうか。
 ところでこのブログはツアーの終わりと共に終わってしまうのでしょうか?このまま、ずっと続けてほしいですね!

Posted by: ogawa | May 27, 2005 5:58:03 PM


はじめまして。大阪のライブ感動しました。
楽器の事はよくわかりませんが私は空調設備のメンテナンスの仕事をしてます。
彼ら(エアコン)を相手にしててよく感じるのがヒトはモノではないけれどモノはヒトと同じだということです。
彼らの出す音を聴き、触れてみて始めて会話することが出来ます。
ふと、絢子さんもピアノ達と会話してるんだろうなぁと思いました。

Posted by: ヲザキ | May 27, 2005 8:24:21 PM


僕は4日の5時の回に伺います。
久々のライブを楽しみにしております。
燐光が浅き夢では気に入っています!
どの曲も名曲なので、ライブが本当に楽しみです。
チャベル、FAB、丸の内と聞きに行ったのですが、どれも素晴らしかったです!
矢野さんの声を聞けることがとても嬉しいです!
ライブ、頑張ってください!

Posted by: おかぴ | May 27, 2005 9:17:40 PM


6月歌小屋また訪ねます。
矢野さんがあんまりバナナバナナ言うから、なんとか買い取ってプレゼント!
という夢を見てみるけど、大阪に行く楽しみは無くなるよね。
人は何かを得たら何かを失う。
先進国の人達は、虹のメカニズムを知っているから、いまいち時めかない。
原住民の人達は、それが神のおぼし召しだと今でも思っている。
知らない幸せもあるよね。

話はそれたけど、ピアノと言えば海外のあの記憶喪失な男性。
カラクリ臭いけどどうなんでしょう?
あ、矢野さんが海岸線を彷徨っていたらそっとしておきますからご心配なく。
ほっとかれる幸せもあるよね。


Posted by: | May 27, 2005 10:50:46 PM


私は東京に住んでいます。
私は東京というこの街が好きです。私の生まれ故郷だし、育った街だし、いたるところに小さいころからの思い出が散らばっているからです。私にも幼稚園児だったころがあり、小学生だったころがあり、多感ゆえに苦しんだ中学生時代があり高校時代があるのです。
私は矢野さんの歌う歌がとても好きです。世界で一番好きな歌は、矢野さんの歌う歌です。
矢野さんは東京にそれほど関心がないみたいですが、東京に住んでる私は矢野さんにとても関心があります。高知に住んでる人が羨ましくなるほど歌小屋の2階にあこがれています。いつか聴きにいきたい。
私が矢野さんの歌を聴けるのは、矢野さんが東京でライヴをするときだけです。
矢野さんの歌を心待ちにしています。

Posted by: | May 28, 2005 2:46:14 PM


ピアノで思い出しましたけど、前に他のアーティストの時に行ったことがあったんですけど、あのパラダイスカフェ21にピアノ入ったんですね。
正直、どうやっていれたんだろう?ばかり考えてました。

Posted by: みっちゃん | May 28, 2005 11:47:15 PM


浪花ののりのりライブ、そして名古屋のざんざん振りの雨の中で行ったライブ、とても楽しかったです。東京は行けないけれど、また次のツアーでお会いしたいと思います。でも、ツアーで歌小屋の「テーマ」の紹介を聴いて、また行きたくなってしまっています。実現できるといいのですが...。

Posted by: kitabito | May 29, 2005 1:35:55 AM


 高校生の頃、今よりもっと身体中に唄や音楽が満ちていた頃、小遣いをはたいて買った18000円のギター。今は娘が弾きにくい弾きにくいと言って使っているけど、あの頃は片時もはなさず暇があれば抱きしめて弾いていた。ギターを弾いて唄うことは生きてること、息をしていることと変わらないくらい当たり前のことだった。ここ20年くらい、夢中になること、チャレンジすることの連続で音楽から離れていた、その年月は決して無駄だったというわけではないし、しっかり生きてきた自分を否定するつもりはないけど、矢野さんの唄にであって、自分の人生をどう表現して生きてゆくかあらためて考えています。唄うことがやっぱり好きです。唄うことを軸にして生きてゆきたい、自分らしく。
 ギターを、そしてピアノすらも抱きしめるようにして唄う矢野さんをみて、人間と楽器との不思議なつながりをあらためて感じています。家へ帰ってギターを手に取るのが本当に待ち遠しい毎日が帰ってきました。

Posted by: ぐずら | May 29, 2005 5:30:16 PM


関東の人間にとって絢子さんのライブは東京以外ではお目にかかれません、絢さんはあまり東京が好きではないようですけど、関東にも絢さんファンはたくさんいますよ。いつか私の住む群馬でもライヴをしてほしいです。
 それでは体調を崩さないよう、4日の東京でのライヴ楽しみにしてます。

Posted by: atushi | Jun 2, 2005 8:58:09 PM


浅き夢見しツアーお疲れさまでした。お母さんは松葉杖で高知まで帰ったのでしょうか・・本当お大事に。 青山でのライブ素晴らしかったです。ますます絢さんの虜になった感じです。ピアノと歌、それだけなのにあれだけ感動を与えてくれるなんて・・!!なんて言ったらいいか本当に敬服してしまいます。「吉野桜」いいですね。早期のCD化を希望します。それではまたのご活躍楽しみにしてます(^^) 俺も明日から頑張るぞ!

Posted by: atsushi | Jun 5, 2005 8:03:50 PM


Post a comment